ブログ

腸(小腸)

腸の『痩せ菌』で太らない??(一日7000kcalでも太らない:NHK) 

HOME > ブログ > 腸(小腸) >

 

 

20160423171420.png

 

1.痩せ菌とは?(番組内容紹介)

 

NHK「これが体の新常識 若さと美の秘密」より
(H28.3.23 19:30〜20:45放送)

三宅 智子さん(三宅さんのブログはこちら
(身長152cm 体重42キロ)

1日7千キロカロリー(一般女性の3.5日分)の食事を毎日摂っても太らないという女性です。(1日1食:夕のみ)

20160325123001_1.jpg

会場中「え〜なんで太らないの〜」という声

研究者や専門家の中でも、このように食べても太らない人は何故なのかというのは、実は解明されていないとのこと。

東京農工大の木村郁夫さん(特任准教授)によると、(私の母校でした)

この太らないという理由が「腸内細菌」の『痩せ菌』が大きく関与しているとのこと。(ビフィズス菌、バクテロイズ)

20160325123001.jpg

通常の人の『痩せ菌』: 50%弱
三宅さん: 70%近い
※ちなみに、フットボールアワーの岩尾さんの『痩せ菌』は50%以上と平均以上でしたが、誰もつっこまず・・・

痩せ菌のつくりだす、短鎖脂肪酸が脂肪の摂り込みを減らすとのことでした。

痩せ菌の大好物は、水溶性の食物繊維
つまり、水溶性の食物繊維を多く含む食品
(ひじき、納豆、わかめ、切り干し大根、オートミール、ゴボウなど)を意識して摂るといいそうです。


(※以下はこの放送を見ての私の見解です↓↓↓)

私はこの『痩せ菌』なるものにはノーコメントですが・・・

2.疑問点(少し反論)


・痩せている人は全員が『痩せ菌』が多いのか?
・太っている人は全員が『痩せ菌』が少ないのか?(フットボールアワーの岩尾さんは比較的多かった)
・逆に痩せている人が『痩せ菌』を減らせば、太ることができるのか?


3.食べても太らないのは全然おかしなことではない!


私のブログをすべて読んで頂ければ、

”食べても太らない”という人がいることは、全然おかしなことではないのです。

昔から言われる「痩せの大食い」です。

食べた物すべてが吸収されている訳でもないし、

そもそも太ること(基本体重がアップすること)自体はカロリーの絶対量に起因しないから、
カロリーの摂取量で比較することが視点の間違いであると言えます。


フードファイターと言われる人は
ギャル曽根さん
ジャイアント白田さん
をはじめ
昔からたくさんおられますが、ほとんどの方は痩せておられます。

多く食べて太っている人、多く食べても太らない人の違いについては
(腸内)飢餓メカニズムで説明できます。




 ➡ HOMEに戻る

 


 ➡ 記事一覧に戻る


 

「吸収量」がもっと重要視されるべき

HOME > ブログ > カロリー >

20180226121232_1.png


1.摂取量だけで比較することに意味があるのか?


食べた量や摂取カロリーの合計を ”消費量” と比較することに意味あるのでしょうか?
いくらカロリーを消費しているかは私達は見えません

それなら、栄養は腸から吸収されるのだから、いくら摂取しているかも見えないはず

それなのに、食べた量(経口摂取量)でいつも比較される。

本来、大切なのは「吸収量」ではないでしょうか?

ごくごく平均的な体重の方には分かりにくい理論かも知れませんが、太り過ぎや痩せ過ぎの人には理解してもらえるものと信じます


20180226121232.png


(注1)『吸収率』は消化率なども影響し、個人差が著しい
(注2)『吸収率』は空腹や運動、食事の摂り方で異なり、同じ人でも一定ではない


食べた量や摂取カロリーの合計ですべてを比較しようとするから、いろんな歪(ひずみ)や矛盾がでてくるのではないですか?

【関連記事】→「カロリーを単純合計することに意味はない」


食べる量は多くないのに太っている人もいますし、
たくさん食べても太らないという人もいます。

確かに、太っている人にはよく食べる人も多いのですが、
それは
(1)身体が大きいから
(2)胃腸が大きく丈夫だから
(3)空腹をずっと我慢してたから
・・・・"多く食べれる" とも言えます。


2.吸収する能力も人によって違う


人それぞれ、
記憶する能力、考える能力、話す能力、走る能力、稼ぐ能力、コミュニケーション能力に違いがあるように、

消化する能力、吸収する能力にも違いがあります。


昔から言われている通り、

「水を飲んでも太る」

20180301141421.jpg


「痩せの大食い」

「あなたは(食べても太れないなんて)効率が悪いね〜」


「私は効率が良すぎて・・・」
507350.jpg



なんてことも、ここで説明している 吸収量(率) のことを表現しているのです。


また、共感してくれる人が何%いるか分からないけど、

私達が「太りやすい体質だね〜」「太らない体質だね〜」という時、

それは ”代謝がいいか悪いか” ではなく、

吸収量(率)のことを意味しているのだ・・・ということを私は断言したい。


3.摂取した1カロリーは体内でも1カロリーか?


例えば小魚のカルシウムは吸収されにくいとか、野菜の鉄分は吸収されにくいというのは知られていますが、

カロリーだけが食べた量を合計して「あなたは今日2,000kcal」摂りましたね・・・と誰にでも一律に当てはめるのはおかしな話です。

摂取した1カロリーは体内でも1カロリーなのでしょうか?

体内でも1カロリーだと唱える研究者は

『熱力学の第一法則』を根拠にしているようです。


『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』 ジョン・ブリファ著より引用)

DSC_0327.jpg


◎熱力学の第一法則は、『エネルギー保存の法則』とも言われ
「エネルギーは作り出すことも消滅することもできない」というものです。

言い換えると、エネルギーを別の形態に変換することはできても、
総量は一定だから「口から摂取した1カロリーは体内でも1カロリーである」
ということです。

ところが、熱力学の第一法則は「閉鎖系」(完全に密閉された空間)についての法則です。

これは人間にあてはまるのでしょうか?

あてはまりません。


20180226202413.jpg


人間の体は実際、食べたものと糞尿などの老廃物というかたちで、物質を周囲の環境とやり取りしています。

さらに第一法則は化学反応の起こらない系についての話です。


しかし人体は化学反応の塊です。

20180226203817.jpg


したがって、熱力学の第一法則は体重管理に関することにはあてはまりません。
(引用以上)



4.私の思い・・・


私がこのような記事を書こうと思ったのには理由があります。

吸収率が極端に低下し30キロ近くまで激ヤセした時に、腸の体感としてあったからです。

その時は何を食べても身に付きませんでした・・・。

確かに病的ではあったけど、それは吸収率におけるパーセンテージの問題であると思ったのです。

そして一度だけですが、短期間(2日ほど)で激太りのような感じで数キロ太った時があり、
その時は太っていく瞬間が分かったんです。(これも腸の体感として)

その後徐々に50キロまで戻った時は、
以前ほど食べなくても十分体重は維持できました。(現状維持の基点がアップするので)


5.代謝がいいから痩せている、は不自然


痩せている人は”代謝がいいから食べても太らない”とか”体脂肪を分解しやすい”と言われますが、
飢餓に備え(今度いつ食べれるか分からないから)体脂肪が蓄えられるのなら、

一度摂り込んだ貴重なエネルギー源を意味なく無駄に分解したり代謝したりするのでしょうか?(多少の個人差はあるかも知れませんが・・・)

すべての人が同じように吸収して

痩せている人は代謝がよくて貴重なエネルギーを無駄に発散しているとすると、
そちらの方がエネルギーに対しての効率が悪く、

人体の仕組みから言えば不自然ではありませんか?


20180131235203.jpg

よく”筋肉をつけると代謝がアップする”と言われますが、

それはシェイプアップしたモデルのような人をイメージとして見せられるからです。

実際は痩せている人の方が筋肉量は低い場合が多いし、

太っている人の方が力が強く
体脂肪の下には筋肉の鎧をまとっている人の方が多い、

と感じるのは私だけでしょうか?

しかし、そうすると太っている人の方が筋肉量が多くて痩せやすくなり、
痩せている人の方が筋肉量が少なく太りやすいということになってしまい、

辻褄(つじつま)が合わなくなる訳です。

これは医師や栄養士などの専門家にとっては都合の悪いことになってしまう訳です。


(最後に)
この話は私のブログの原点でもあり核心部分でもあります。
すべての話はここにつながっていきます。



 HOMEに戻る



 

 記事一覧に戻る


 

偏食と不規則な生活が腸内飢餓をつくる(3要素+1)

HOME > ブログ > 腸(小腸) >



▷腸内飢餓を加速する3要素(+1)とは?


基本体重(Basic Weight)をアップさせるのは空腹(腸内飢餓)のメカニズムであるといいましたが、その(腸内)飢餓を加速させる『3要素+1』についてお話したいと思います。

【関連記事】 ➡「私の言う、(腸内)飢餓の定義」

                  「”太る”という言葉の2つの意味」

太る原因としてよく言われるのが、
■偏食すると(栄養が偏ると)太りやすい
■糖質(炭水化物)が太りやすい
■夜遅くに食べると太りやすい
■朝食抜きが太りやすい
■生活のリズムが乱れて(不規則な生活で)太った

・・・などですが、どれか1つでは事象は起こりにくく、

3つの要素(+1)が重なった時に(腸内)飢餓メカニズムが起こりやすく、太りやすくなると考えました。

その3つの要素とは、以下のものです。

(1)偏食
消化の良い炭水化物や蛋白質、水分。脂質はあまりない方が太りやすい)
(2)消化力の強さ(胃酸、消化酵素など)
(3)次の食事までの時間

【偏食とは・・・】

野菜等の繊維質にも乏しく、
消化の良い糖質(炭水化物)とのタンパク質に偏った食事が一番太りやすい。(脂質はあまりない方が太りやすい)

偏食の仕方にも2通りあり、”ラーメンライス”のように多く食べる場合と、その割合は崩さずに少なく食べる場合(おにぎり1個でも可)があります。
決してカロリーの量ではなく、少なく食べても太っていく場合があります。

【消化力について】
胃腸が丈夫で消化する能力が高ければ、早く空腹(飢餓状態)が作られます。
胃腸が弱かったり、胃下垂であれば飢餓状態はつくりにくいと言えます。

【次の食事までの時間】
夜遅くに食べると太りやすいとか、朝食抜きが太りやすい、あるいは食事を抜いたり不規則な生活で太ったというのは、食事の間隔の問題です。
間隔があけば太るわけではなく、偏食などと組み合わさったときに飢餓メカニズムができやすくなります。


▷もう一つ重要な要素、「+1」とは


3要素以外にもう一つ重要な事を「プラス1」としましたが、

それは「その前の食事」あるいは「前の前の食事」を簡単なもので済ませているか、否かです。

つまり、昼食を簡単に ”ハンバーガーとウーロン茶” にし、夜の8時まで何も食べられなかったとします。

しかし、朝食でしっかりと乳製品や、繊維質の野菜など食べていれば飢餓メカニズムが起こりにくくなります。(注:もちろん時間には個人差があります)

(朝食:和食の例 ↓↓↓↓↓↓)

20160517225440.jpg


また、間食でクッキーやチョコレートを食べておくだけでも飢餓メカニズムは防げます。

その理由は、腸が7〜8mと長いために食べ物が小腸を移動するのに十数時間かかるからです(個人差があります)。
腸内飢餓は腸の全体で判断されているため、前の食事(前の前の食事)の影響も受けます


『3食きっちりと食べ、バランス良い食事が太りにくい』

と言われていますが、それは上記で説明したことの裏返し(逆から言っているだけだけ)です。

(バランスの良い食事は飢餓のメカニズムを起こりにくくする)
↓↓↓↓

20160511201242.jpg



 HOMEに戻る


 記事一覧に戻る



 

私の言う ”(腸内)飢餓” の定義

HOME > ブログ > 腸(小腸) >



まだの方は先にこちらの記事をお読みください。

「一番優先されているのは現状維持」

「”太る”という言葉の2つの意味」



▽前回の記事 『 ”太る” という言葉の2つの意味』 において、基本体重(BW)をアップさせるのは空腹のメカニズム(厳密には腸内飢餓)である・・・
といいましたが、
それを簡単に説明させて頂きます。

もちろん、
糖質やタンパク質・脂質を含めて、太る為に栄養素は必要ですが、
それは後の話・・・

太れる体になるのと、実際に食べて太るのにはタイムラグ(時間のずれ)があるからです


ここで言う ”飢餓”とは、何日にも渡って全く食べない(食べれない)ことではありません。
20141012143137.jpg

▽私の言う ”腸内飢餓”の定義

(1)食事をして胃腸が動いている状態で起こる

(2)食事と食事の間(朝食〜夕食、昼食〜遅い夕食etc)にできる、腸内にある物質がすべて消化されてしまった状態をいう。(7〜8mあると言われる小腸すべてにおいて)
つまり、栄養を摂ろうと体が動いているのに、すべて消化されてしまって『食べ物がない・・・』という状態

 単なる空腹と異なるのは、
  a)未消化の繊維質や脂肪などもない状態(又はそれに近い状態)
  b)基本的に水分なども消化された状態


▽人間は進化の過程で、飢餓に備えて栄養を肝臓や骨・筋肉・脂肪などに貯め込むことを行ってきました。

一度食べたら、次はいつ食にありつけるか分からないからです。

肥満 も飢餓に際して体に栄養を貯め込もうとするメカニズムのはずです。

20150304171545.jpg


それなら、あまり食べれない(食べない)人のほうが、
栄養を貯め込もうとするメカニズムがより強く働くはずです。

それにもかかわらず、この飽食の時代に、
食べている人が太っていて、食べる量が少ない人が痩せている

・・・様に見えるから誤解をうけるのです。


これにはがあります。
(私の実体験を元にした理論です)

身体が、”何をもって「飢餓」と認識しているのか・・・” という問題です。

どれだけ食べたか?(摂取したか?)という絶対量で判断されているのではなく、

腸内での消化の進行具合をもって「飢餓」が判別されているからです。

つまり沢山食べても・・・
偏食があったり、空腹を何時間も我慢している状態は飢餓に近い状態になります。

逆に少量しか食べてなくても、

繊維質の多い食品や乳製品などバランスよく食べたり、
4〜5時間おきに小まめに食べていると、
消化されない物質が腸内に残ってしまう(24時間絶えることなく)ので
飢餓とは判別されません。

腸の中では、消化されない物質が残っている状態を ”食べ物がある” 状態と認識しているのです。

(p.s.)
これは原始食と比較して、
1980年頃から世界で発生する肥満の増加がカロリーの絶対量ではなく、
精製された炭水化物(偏食)が原因であるということを伝えるための重要な事実です。


【関連記事】➡「偏食と不規則な生活が腸内飢餓をつくる(3要素+1)」

 ➡「少ししか食べてないのに太る、とはどういうことか?」



  HOMEに戻る


  記事一覧に戻る