ブログ

腸(小腸)

腸の『痩せ菌』で太らない??(一日7000kcalでも太らない:NHK) 

HOME > ブログ > 腸(小腸) >

 

 

20160423171420.png

 

1.痩せ菌とは?(番組内容紹介)

 

NHK「これが体の新常識 若さと美の秘密」より
(H28.3.23 19:30〜20:45放送)

三宅 智子さん(三宅さんのブログはこちら
(身長152cm 体重42キロ)

1日7千キロカロリー(一般女性の3.5日分)の食事を毎日摂っても太らないという女性です。(1日1食:夕のみ)

20160325123001_1.jpg

会場中「え〜なんで太らないの〜」という声

研究者や専門家の中でも、このように食べても太らない人は何故なのかというのは、実は解明されていないとのこと。

東京農工大の木村郁夫さん(特任准教授)によると、(私の母校でした)

この太らないという理由が「腸内細菌」の『痩せ菌』が大きく関与しているとのこと。(ビフィズス菌、バクテロイズ)

20160325123001.jpg

通常の人の『痩せ菌』: 50%弱
三宅さん: 70%近い
※ちなみに、フットボールアワーの岩尾さんの『痩せ菌』は50%以上と平均以上でしたが、誰もつっこまず・・・

痩せ菌のつくりだす、短鎖脂肪酸が脂肪の摂り込みを減らすとのことでした。

痩せ菌の大好物は、水溶性の食物繊維
つまり、水溶性の食物繊維を多く含む食品
(ひじき、納豆、わかめ、切り干し大根、オートミール、ゴボウなど)を意識して摂るといいそうです。


(※以下はこの放送を見ての私の見解です↓↓↓)

私はこの『痩せ菌』なるものにはノーコメントですが・・・

2.疑問点(少し反論)


・痩せている人は全員が『痩せ菌』が多いのか?
・太っている人は全員が『痩せ菌』が少ないのか?(フットボールアワーの岩尾さんは比較的多かった)
・逆に痩せている人が『痩せ菌』を減らせば、太ることができるのか?


3.食べても太らないのは全然おかしなことではない!


私のブログをすべて読んで頂ければ、

”食べても太らない”という人がいることは、全然おかしなことではないのです。

昔から言われる「痩せの大食い」です。

食べた物すべてが吸収されている訳でもないし、

そもそも太ること(基本体重がアップすること)自体はカロリーの絶対量に起因しないから、
カロリーの摂取量で比較することが視点の間違いであると言えます。


フードファイターと言われる人は
ギャル曽根さん
ジャイアント白田さん
をはじめ
昔からたくさんおられますが、ほとんどの方は痩せておられます。

多く食べて太っている人、多く食べても太らない人の違いについては
(腸内)飢餓メカニズムで説明できます。




 ➡ HOMEに戻る

 


 ➡ 記事一覧に戻る