ブログ

カロリー

カロリーの祖、ノールデン氏の文書(日本語訳)

HOME > ブログ > カロリー>




まだの方は、こちらの記事を先にお読み下さい。
「カロリー意味あるの?カロリーの歴史はやはり神話なのか?」



■ゲーリー・トーベス氏によると、

1900年代の初頭に
「私達は、消費するよりも多くのカロリーを摂取するから太るんだ」
カロリーの原則)
ということを初めて言ったとされるのが【カールフォン・ノールデン氏】です。
(ドイツ人医師、1858〜1944)

今回はそのノールデン氏の本を翻訳しました(一部のみ)。

20170307163859.png



インターネットのアーカイブはこちらからご覧になれます。
("Obesity"=「肥満」  p.693〜)


英文はこちらから(p.693〜695)



日本語訳はこちらから(p.693〜695)



ウェキペディア(Wikipedia)によると、この本は論文等ではなく出版本(1907年)と考えられますが、
その当時、ノールデン氏がどれほどの影響力をもっていたかというのは、

1905年10月の”New York Times”の記事を見てもお分かり頂けると思います。
(この記事も私が独自に入手いたしました)



ノールデン氏が、アメリカで6回の講演を行うという内容です。

20170524173656.png


この中で、ノールデン氏のことが書かれています ↓↓↓

20170521122952.png

(日本語訳)
ノールデン教授は、腎炎や肥満、その他の代謝障害による慢性疾患の研究者として最も著名な人物である。
彼は、この医学分野の多くの研究の著者(創始者)であり、世界の基準として認められている。


20170521124911.png


(日本語訳)
教授はCothamホテルに滞在し、多くの来訪者を受けている。
彼のニューヨークでの知人は医療専門家だけではない。
彼の個人病院では数多くの著名なニューヨーカーが治療を受けているためだ。

彼がいつドイツに戻るのかは未定だが、おそらく帰国までの間に複数の主要な医療センターを訪問するであろう。
(以上)


この著書のその後については、まだ調べているところですが、

ノールデン氏が、肥満や糖尿病の権威であったからこそ、
あっという間にカロリーの原則「入るカロリー、出るカロリー」が世界中に広まってしまった可能性はあります。


 HOMEに戻る



 

 記事一覧に戻る