ブログ

食べ方(摂取方法)

寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)

HOME > ブログ > 食べ方(摂取方法)>


20191027185327.png


読者から、「お年寄りや病人がベッドで寝たきりなのに、食べても痩せるのはなぜでしょうか?」
「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」という主旨のメールをたまに頂きます。今回はそれについて書きたいと思います。

20191024093853_2.jpg


実は私の父も、平成29年の秋に体の硬直化(パーキンソンの様な)と幻視が出て(私は薬のせいだと思っているのだが)普通の生活からわずか4か月で「介護5」まで落ちてしまったんです。

施設での3回の食事は、お粥がベースだけどほぼ食べていますが、食べて寝ての繰り返し。
体重は、以前は60キロ台だったのが今は40キロ台になっています。(確かにお粥になり糖質なども減っていますが、それ以外の原因を書きます。)

1.寝ていれば(動かなければ)太る訳ではない

座りがちで怠慢な生活をしている人が太るイメージがあるかも知れないけど、それには次の2つが考えられます。

♦まず1つは、「お正月のように2〜3日ゆっくりすると、2〜3キロ太った」というような場合です。
これは何度も言う通り、普段忙しくしていた人やダイエットで食事を控えている人の体重が ”戻る” 現象です。

【関連記事】→「”太る” という言葉の2つの意味」

♦2つ目は、怠慢な生活をしている人が数年後(又は数か月)に以前より太ってしまう場合です。

20191024093853_1.jpg

これは私の言う『基本体重』のアップを意味し、その人の 『消化する能力』『食べ物(何を食べるか、いつ食べるか)』の関係性によって決まるものであり、動かないで消費カロリーが少ないから太るのではない。

例えば、30代から40代の体の元気な人がインスタントラーメンを食べて、またお腹がペコぺコになったらハンバーガーかスナック菓子を食べて・・・こんなことを1日の大半で繰り返してたら寝たり起きたりの生活は太るかもしれない。

しかしその考えは病院や施設での、胃腸が弱くなってくる老人や病人には当てはまらない場合が多いと考えます。


2.『運動』は太る方向の力で、『寝たきり』は吸収を低下させる。

寝たきりだと、「カロリー消費が少ないから、同じように食べれば太るはず」という考えを全員に当てはめるのは間違っています。

以下のブログで、『食事・運動・体重』の関係性について書きました。

【関連記事】→「食事、運動、体重の関係性を間違えている」


つまり『運動』『空腹』はむしろ太る方向の力であって、太るか太らないかは ”食事の摂り方””消化力の強さ” で決まるということです。

病院・施設などで寝たきりになると、これと逆の状態になる訳です。
体は動かさない(脳も使わない)から、栄養を摂り込む力(吸収力)は減っていきます。

植物で例えるなら、運動している時は ”太陽があたる” 状態で、

20191024093853.jpg


寝たきりは  ”太陽があたらない状態” だと考えてもらえばいい。
その状態で肥料や水をいくら与えても十分に育ちません。

20191027191216.jpg


寝たきりの人が牛乳を5時間おきに飲んだとしても、カルシウムの吸収はそれほどよくならないんです。運動したり、飲んでから何も食べずに8時間、9時間空腹で過ごす方が吸収はアップしていくのです。


以前、引用した部分だけど、もう一度引用させて頂きます。

「人はなぜ太るのか?」ゲーリ・トーベス著より引用
肥満治療をする臨床医の多くは、1960年まで、運動により減量できる、また座りっぱなしの生活は体重を増やすという考え方は幼稚だとして退けていた。

肥満と治療の専門家ラッセル・ワイダーが行った1932年の肥満に関する講義では、「肥満患者たちがベッドで安静にすることでより多く減量し、その一方、極端に激しい身体活動は減量の速度を低下させる」と語った。

「運動をするほどより多くの脂肪が消費され、減量できるはずであるという患者の理屈きわめて正しいが、体重計が何の進歩も示していないことを見て患者はがっかりする」とワイルダーは述べた。

(引用以上)


3.痩せていくもう1つの原因は「食事の摂り方」

もちろん、70、80歳になってくれば、胃腸(消化、吸収)や体の様々な機能が低下してくると思います。そういう人達が、短い間隔で3食バランスが良いとされる食事を摂ることは痩せる方向にも働きます。(もちろん、食欲がありすぐ空腹になる人は太るかもしれない)

私が、ダイエットで痩せるためには『空腹をつくらないように食べることが必要である』と説明しましたが、その状態になる訳です。

以下、2つの点について説明します。


(1)”食べて、すぐ寝る” を繰り返すのが良くない。

まず皆さんも経験があるかも知れないけど、夜寝る直前に食べてすぐ寝ると、朝起きて胃腸がもたれているような経験はないだろうか?

これは私の考えですが、立って動いているから、胃がスムーズに蠕動(ぜんどう)運動をして腸に食べ物を送るけど、ずっと寝ていると胃にたまりやすくなるのではないかと思うのです。

つまり胃下垂の人のような感じで食べ物が残ってしまうのです。

胃に前の食事が残っている状態で、次の食事を摂ることを何度も継続して繰り返すと間違いなく痩せていきます。


(2)脂質や繊維質を多量に摂るのはヘルシーではない

私は老人ホームで食事をつくる仕事もしているのですが、栄養士がつくる献立に対しいつも疑問に思うことがある。

♦まず1つ目は、油脂を使う料理が本当に多い。

栄養士はカロリーの帳尻を合わすために、朝食から炒め物などを入れることが多い(もちろん、昼・夕食も多い)。健康な人でも朝から炒め物は食べないだろう。まして、胃腸の弱くなるご老人などに対しては、これらは、食欲を落とすだけでなく下痢などの原因にもなる。

20191024104030.jpg


♦2つ目は、毎食たっぷり(健康な人でさえ食べないような量)の繊維質の野菜や海藻類がはいる。特にキノコ、レンコン、ゴボウ、ヒジキ、小松菜、ブロッコリー、インゲンなどは定番である。

20191024093859.jpg


逆の見方をすればダイエットする人に勧めているような食事だ。ダイエットをしたい人にとってはヘルシーな食事かもしれないけど、老人に対しては必ずしもそうではない。

自分の意志で「食べたくない」と思う人は適度に残すのでそれほど影響はないが(そのため毎食大量の残飯)、他人の介助で食べるようになると、それも選択できなくなる。

私が30才の頃、祖父が寝たきりで病院に入院していた時、看護師がブロッコリーを口に押し込んでいたのを思い出すが、なぜブロッコリー食べないといけないんだと思っていた・・・。確かに、体にいい部分もあるかもしれないけど、野菜の量はもう少し減らしていいと思うんだ。



<まとめ>
施設・病院側の都合もあるのだろうが、朝食の提供は大体8時前で、11時半過ぎになると昼食。たった4時間も経っていないのに通常の食事。

そして、夕食は5時半から6時前の提供。

20191024104020_1.jpg


(ある日の昼食)

胃腸の機能の低下してくる人が、このように短い間隔で油脂や繊維質の野菜をたっぷり摂ると、痩せる可能性もあります。

まして寝たきりになると吸収率が低下し、胃腸の機能のさらなる低下に伴い、胃腸に食べ物がたまりやすくなる可能性があります。

動いていないから消費カロリーは少ないはずで、「カロリー(特に脂質)を増やせば太るはず」という考えは間違っています。

体の調子が悪くなってきているから ”食べれない" のに、さらに脂質を加えると体調を悪化させる可能性があります(私たちが風邪の時に、炒め物・揚げ物を食べるようなものです)。
 
むしろ、カロリーよりも他のいろんな条件が影響することを考えるべきです。



<余談>
老人ホームで働いていて思うのは、『食べ残し』の問題に誰も無関心だということ。捨てるのが当たり前になっている。

IMG_0755.JPG
(40人程度で毎食3〜4キロ)

1〜2割の人は完食する人もいるけど、大半の人は年がいくと食べれないのだから、量を少し減らして”質を上げる”とかの方法があるはずなんだけど・・・。

栄養士や施設側が量や見た目にこだわるから、同じ料金でドンドン質が低下していっている。
うちの会社なども苦労しているだろうが、わずか1人3食あたり、1300円前後の委託料の中で、材料費や調理師、パートの給与も払わないといけない。

当然、中国産の冷凍野菜や、あまり聞いたこともない魚(シイラ、バサ、アブラカレイ etc)、安物の輸入肉などどんどん質の悪い輸入材料にシフトしていく。

魚が美味しくないから、また「食べたくない」という人が増える。

IMG_0353.JPG


これって、これからの未来を考えた時にいいことだろうか?


 HOMEに戻る



 記事一覧に戻る