ブログ

2015.01.08

一番優先されているのは現状維持

<目次>

  1. 人それぞれに現状維持的な機能がある。
  2. 何が現状維持を決定づけているのか?

1.人それぞれに現状維持的な機能がある

まず話を進めていくうえで一番大切なことをお話しますね~。
人にはそれぞれ、その時点での現状維持的な機能が働いているという仮定です。
この現状維持こそ、すべての前提にあるものであると認識しています。

例えば、3人の女性がいて、(身長は便宜上、全員160cmとします)

(Aさん)48キロ・・・食べても太れない体質
(Bさん)57キロ・・・たくさん食べると60キロまで太ってしまう
(Cさん)85キロ・・・たくさん食べると90キロまで太ってしまう、とします。

1年中を通して忙しい時は少し痩せたり、また食べれば少し太ったり・・・を繰り返しているけど、細かなカロリー計算などしなくても、人の体型ってそれほど変わらないものです。太っている人は太っているし、痩せている人は痩せている。

結局、お正月のように3~5日ゆっくりして、たくさん食べれば戻ってしまう体重を『基本体重』(BW: Base Weightの略)としました。それ以上の体重には中々増えないけど、その体重には結局戻ってしまうという体重です。

この例の場合、Aさんの基本体重(BW)は48キロ、Bさんは60キロ、Cさんは90キロということになり、その体重に戻るように現状維持の機能が働いいているということになります。

ですから、3人を食べる量(カロリー摂取量)やカロリー消費量だけで規定するのには無理があり、Aさんが毎日100kcalオーバーの食事を何か月~何年も繰り返せば、それが蓄積され脂肪となり、やがて50➡60➡70キロとなるというのは間違いです。(なる場合もありますがまたそれは別の理由で・・・)

一般的に、太っている(太り気味の)人は糖質やカロリー制限して生活していることが多いため、普段の体重は基本体重より低く、痩せている人は普段からカロリー制限などしていないので、基本体重と普段の体重が近いと言えます。

その為、痩せているAさんは食べても体重は増えないのに対し、Bさん、Cさんは食べるとすぐに太ってしまう・・・ということがあります。

【関連記事】➡「”太る”という言葉の2つの意味」

■私の好きなボクサーである長谷川穂積選手。
(第26代WBC世界バンタム級王者として10度防衛、第42代WBC世界フェザー級王者)

バンタム級は体重のリミットが53.5キロ。身体が成長するにつれ減量も過酷になり、防衛戦では1か月前後で10キロ以上の減量をしなければいけなかったそうです。しかし試合が終わり食べると、わずか数日で10キロ戻ると言われていました。

それくらい戻るスピードは早いんだなと思います。
今まで、ダイエットされてきた方なら少しは思い当たる節があるのではないでしょうか?

2.何が現状維持を決定づけているのか

潜在意識や脳科学を勉強されてきた方なら、年収やあなたの職場での地位なども脳の安定化志向によって決まるということはご存知かと思います。

いくらあなたの意識(顕在意識)で変えようとしても、それは1%前後で、実際あなたを動かしているのは無意識(潜在意識)によるところが大きいと言われています。脳はあなたの今の状態(収入や地位、環境)を心地よいと感じ変化を拒むため、人はなかなか自分を変えることができないのです。

この場合(体重)の現状維持についても脳や潜在意識と絡めて同一に扱う方がおられますが、それは違います。ダイエットしようと思うけど ”すぐ食べてしまう” というのは脳のメカニズムですが、この場合の現状維持を決定付けているのは取込み率(=吸収力)。

つまり第2の脳と言われる小腸であるというのが私の経験による結論です。
それについても別の機会にお話したいと思います。

サイト内検索

■今回の記事はこちら。↓↓ 「寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)」 https://www.futoraba.com/blog/162.html 「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」...

飢餓と相対性で考える、太るメカニズムさんの投稿 2019年10月27日日曜日