ブログ

2019.01.16

カロリーの絶対量ではなく『相対性』の意味

<目次>

  1. 絶対量で比較するから間違う
  2. 私の言う『相対性』とは?

私の考えも90%近くは出し切りました。
「結局、何が言いたいの?」と思われる方もおられると思うので、これまでの簡単なまとめと、このブログの核心部分についてお話します。(核心部分パート1)

1.絶対量で比較するから間違う

絶対量で比較するというのは、「カロリーを多く摂れば太る、運動してカロリーを消費すれば痩せれる」というような考えですね。また最近では、炭水化物(糖質)を減らす動きが顕著ですよね。もちろん、これらは基本的なエネルギー源であるし、体脂肪にもなるでしょう。

しかしこの説明では、「多く食べないのに太ってしまう人」や、「多く食べても太れない人」は説明ができません。
結局、運動不足や代謝など一見理屈に合いそうな事を並べて説明し、最終的には『体質』と言ってごまかしているだけです。頑張ってカロリーを減らしても、食事を減らしても、ダイエットは中々成功しないのだから、量は直接的な原因ではなかったということです。

(「I can make you thin "食べるダイエット"」Paul McKenna著より引用)
食事を減らして痩せようとする人の9割以上はダイエットに成功しないことが、科学的な研究によって明らかにされています。「新しいダイエット法のおかげで体重が減りました。」と言われたら私は「6か月後にもう一度様子を教えてほしい」と答えます。(~略~)多くの場合、彼らはある方法で食事制限し、体重を落とし、数か月後にリバウンドします。(以上)

▽カロリーは太るために必要なのは間違いないが、この場合『太る』という言葉に2つの解釈があり、それが混同されて使われているということを私は言いたい。

【関連記事】➡ ”太る”という言葉の2つの意味"

2.私の言う『相対性』とは?

このブログの中で、大きくは2つの意味で使っています。

<1つ目の意味>

最も簡単に言うと、相対的に(他との比較又は自分との比較において)『空腹』を多く我慢している人が太りやすいということです。同じ量を食べても、早く消化してしまう人の方が、体は相対的に「食べ物がない」と認識しているのです。
厳密には、単なる空腹で太るわけではありません。
「空腹」とは人の頭で感じているだけであり、主観的で曖昧な表現です。

実際は、7~8mあると言われる腸(おそらく小腸)で「すべての物質が消化された状態」(腸内飢餓状態)が『食べ物がない』状態と認識され、太りやすいと言えます(多く食べても、炭水化物や消化の良いおかずでは飢餓状態が起こる)。
また完全に消化されなくてもそれに近い状態で食事が繰り返されると、徐々に肥満になる傾向があると考えます。

<2つ目の意味>

もう一つの『相対性』の意味は、”腸内飢餓状態” はいろんな条件が重なって起こるということです。つまり一つの条件では起こらなくて、「他との関係性」によって、いくつかの条件が重なって生まれるということです。

つまり、朝食を抜いたとか、夜遅くに食べたとか、ジャンクフードを食べたとか、1つの理由だけでは起こらないということです。そこにはいくつかの条件の重なりがあります。主たるものは、以下です。(3要素+1)

a)何を食べるか(食べ物の『質、バランス』)
b)食べてから次の食事までの『時間』
c)消化力(胃腸の丈夫さ)
d)前の食事(さらにその前)で何を食べたか?

【詳しく見る】→「偏食と不規則な生活が腸内飢餓をつくる(3要素+1)」

  

腸内飢餓ー相関図

もし遺伝的(先天的)な要因があるとしたら、私は以下のように考えます。
■消化力の強さ(家系や人種による差異。もちろん後天的な部分もあるだろう)
■性格(せっかちでない。おおらか・のんびりとした性格)
■食への関心度、好き嫌いが多い(食事バランスなどに神経質でない、食にこだわらない)

※幼少期の影響で、両親の生活スタイルが遺伝する場合もあるだろう。

(「人はなぜ太るのか」ゲーリー・トーベスより引用)
ブリヤーサバランは『味の生理学』(1825年出版)の中で、肥満に関する第2章を盛り込んだ。
彼は30年の間で”肥満に脅かされているか苦しんでいる”夕食の仲間と500回以上も会話を交わし、これにより確実な肥満の原因を見つけた。
その一番目は、太りやすい生来の性質であった。彼は「すべてが平等の中で、多くの脂肪を消化できる能力を持つ人は、いわば肥満になるように運命づけられている」と書いた。2番目は「澱粉と小麦粉であり、砂糖と一緒に使用されると速やかに、そして確実に効果を示す」と付け加えた。(以上)

サイト内検索

■今回の記事はこちら。↓↓ 「寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)」 https://www.futoraba.com/blog/162.html 「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」...

飢餓と相対性で考える、太るメカニズムさんの投稿 2019年10月27日日曜日