ブログ

腸(小腸)

「吸収量」がもっと重要視されるべき

HOME > ブログ > カロリー >

20180226121232_1.png


1.摂取量だけで比較することに意味があるのか?

食べた量や摂取カロリーの合計を ”消費量” と比較することに意味あるのでしょうか?
いくらカロリーを消費しているかは私達は見えません

それなら、栄養は腸から吸収されるのだから、いくら摂取しているかも見えないはず

それなのに、食べた量(経口摂取量)でいつも比較される。

本来、大切なのは「吸収量」ではないでしょうか?

ごくごく平均的な体重の方には分かりにくい理論かも知れませんが、太り過ぎや痩せ過ぎの人には理解してもらえるものと信じます


20180226121232.png


(注1)『吸収率』は消化率なども影響し、個人差が著しい
(注2)『吸収率』は空腹や運動、食事の摂り方で異なり、同じ人でも一定ではない


食べた量や摂取カロリーの合計ですべてを比較しようとするから、いろんな歪(ひずみ)や矛盾がでてくるのではないですか?

【関連記事】→「カロリーを単純合計することに意味はない」


食べる量は多くないのに太っている人もいますし、
たくさん食べても太らないという人もいます。

確かに、太っている人にはよく食べる人も多いのですが、
それは
(1)身体が大きいから
(2)胃腸が大きく丈夫だから
(3)空腹をずっと我慢してたから
・・・・"多く食べれる" とも言えます。


2.吸収する能力も人によって違う

人それぞれ、
記憶する能力、考える能力、話す能力、走る能力、稼ぐ能力、コミュニケーション能力に違いがあるように、

消化する能力、吸収する能力にも違いがあります。


昔から言われている通り、

「水を飲んでも太る」

20180301141421.jpg


「痩せの大食い」

「あなたは(食べても太れないなんて)効率が悪いね〜」


「私は効率が良すぎて・・・」
507350.jpg



なんてことも、ここで説明している 吸収量(率) のことを表現しているのです。


また、共感してくれる人が何%いるか分からないけど、

私達が「太りやすい体質だね〜」「太らない体質だね〜」という時、

それは ”代謝がいいか悪いか” ではなく、

吸収量(率)のことを意味しているのだ・・・ということを私は断言したい。


3.摂取した1カロリーは体内でも1カロリーか?

例えば小魚のカルシウムは吸収されにくいとか、野菜の鉄分は吸収されにくいというのは知られていますが、

カロリーだけが食べた量を合計して「あなたは今日2,000kcal」摂りましたね・・・と誰にでも一律に当てはめるのはおかしな話です。

摂取した1カロリーは体内でも1カロリーなのでしょうか?

体内でも1カロリーだと唱える研究者は

『熱力学の第一法則』を根拠にしているようです。


『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』 ジョン・ブリファ著より引用)

DSC_0327.jpg


◎熱力学の第一法則は、『エネルギー保存の法則』とも言われ
「エネルギーは作り出すことも消滅することもできない」というものです。

言い換えると、エネルギーを別の形態に変換することはできても、
総量は一定だから「口から摂取した1カロリーは体内でも1カロリーである」
ということです。

ところが、熱力学の第一法則は「閉鎖系」(完全に密閉された空間)についての法則です。

これは人間にあてはまるのでしょうか?

あてはまりません。


20180226202413.jpg


人間の体は実際、食べたものと糞尿などの老廃物というかたちで、物質を周囲の環境とやり取りしています。

さらに第一法則は化学反応の起こらない系についての話です。


しかし人体は化学反応の塊です。

20180226203817.jpg


したがって、熱力学の第一法則は体重管理に関することにはあてはまりません。
(引用以上)



4.私の思い・・・

私がこのような記事を書こうと思ったのには理由があります。

吸収率が極端に低下し30キロ近くまで激ヤセした時に、腸の体感としてあったからです。

その時は何を食べても身に付きませんでした・・・。

確かに病的ではあったけど、それは吸収率におけるパーセンテージの問題であると思ったのです。

そして一度だけですが、短期間(2日ほど)で激太りのような感じで数キロ太った時があり、
その時は太っていく瞬間が分かったんです。(これも腸の体感として)

その後徐々に50キロまで戻った時は、
以前ほど食べなくても十分体重は維持できました。(現状維持の基点がアップするので)


5.代謝がいいから痩せている、は不自然

痩せている人は”代謝がいいから食べても太らない”とか”体脂肪を分解しやすい”と言われますが、
飢餓に備え(今度いつ食べれるか分からないから)体脂肪が蓄えられるのなら、

一度摂り込んだ貴重なエネルギー源を意味なく無駄に分解したり代謝したりするのでしょうか?(多少の個人差はあるかも知れませんが・・・)

すべての人が同じように吸収して

痩せている人は代謝がよくて貴重なエネルギーを無駄に発散しているとすると、
そちらの方がエネルギーに対しての効率が悪く、

人体の仕組みから言えば不自然ではありませんか?

20180131235203.jpg


よく”筋肉をつけると代謝がアップする”と言われますが、

それはシェイプアップしたモデルのような人をイメージとして見せられるからです。

実際は痩せている人の方が筋肉量は低い場合が多いし、

太っている人の方が力が強く
体脂肪の下には筋肉の鎧をまとっている人の方が多い、

と感じるのは私だけでしょうか?

しかし、そうすると太っている人の方が筋肉量が多くて痩せやすくなり、
痩せている人の方が筋肉量が少なく太りやすいということになってしまい、

辻褄(つじつま)が合わなくなる訳です。

これは医師や栄養士などの専門家にとっては都合の悪いことになってしまう訳です。


(最後に)
この話は私のブログの原点でもあり核心部分でもあります。
すべての話はここにつながっていきます。



 HOMEに戻る



 

 記事一覧に戻る