Q & A (よくある質問とその回答)

※見たい質問(Q)の部分をクリックすると回答が表示されます。

1.このサイトは要するに「糖質制限ダイエット」を勧めているのでしょうか?

まず、私のサイトはダイエットの為のブログではありません。「なぜ太る人と太らない人がいるのか?」を腸の飢餓メカニズムで説明し、「肥満がカロリーの量に起因する」「運動してカロリーを消費すれば痩せれる」という誰もが信じている説を否定するものです。
また、糖質が肥満の原因だと言っている訳でもありません。
ただ炭水化物の「消化の速さ」「稀薄効果」「プッシュアウト効果」などから、腸の飢餓状態を作りやすくするものと考えており、同じカロリーでも脂質とは性質が大きく異なるものです。
ですから、ダイエットの観点から言えば、逆のことをすべきであると私は信じていて、1つの方法としてお勧めしているのが、「炭水化物を少なくし、その他のおかず(副菜)を増やす。油脂なども増やす。そして、なるべく空腹を作らないように食べる」ことです。あくまでも1つの方法であって、炭水化物が絶対悪ではないと考えています。人によっては、炭水化物は普通程度に食べても食べ方を工夫すれば痩せれるはずと考えています。

2.うちの主人や子供達は、私よりも多くお菓子を食べるのに痩せています。お菓子などの甘いものは、食べていいのでしょうか?

基本的に、糖質の中でも炭水化物(澱粉)などの多糖類と砂糖などは性質が異なると考えているので、分けて考えています。
私は、砂糖などが ”基本体重をアップさせる” 意味での太る原因とは考えていません。
ただし、普段からカロリー制限系のダイエットをして空腹を我慢している人にとっては、お菓子を食べるとすぐ太る(リバウンド=基本体重まで戻る)というのは、間違いないと思います。小麦粉、砂糖、卵、バターなどが上手く配合されていて吸収されやすくなっていますから。
ですが、食べる系のダイエットに移行するのであれば、炭水化物を減らした食事はきっちり食べ(最低3回)、食間に空腹を抑えるためにチョコレートやカフェオレ、クッキーなどの甘いお菓子を食べるのは基本的に問題ないと考えます。(もちろん個人差があります。)

3.外国の有名人の方でツナ缶とブロッコリーだけ食べて、数か月で30キロ?せたと言われる方がいます。この様に、ダイエットに関しては、「食べないで痩せる」という方法がどう考えても ”真理” のように思えますが?

もちろん、山で遭難し、ツナ缶とブロッコリーだけ食べて数か月過ごせば、誰もが数十キロ単位で痩せるでしょう。食べる量が極端に減れば痩せるというのは、もちろん真理ですが、体が必要とする十分な栄養やカロリーまで奪ってしまうのであれば、いずれ体を壊してしまう可能性もあります。
少なく食べても、もちろんいいのですが、肉や魚などの蛋白質、小魚や豆、海藻、野菜、乳製品など食品としてしっかり摂ることをお勧めします。同じ食材だけを食べ続ける必要性は全くありません。
糖質に関しては、完全になくすのは良くないというエビデンスなどもありますので、極端な減らし方は避けるべきかもしれません。
ただし、ダイエットをやめて、普通どおりの食事に戻したときにリバウンドする可能性は十分ありますね。リバウンドを押さえるためにも、食べる回数や油脂、繊維質は増やし、お腹が減れば何か食べるようにし、空腹状態をあまり作らないようにした方がいいかもしれません。
一番してはいけないのが、朝はトースト・卵・コーヒーのみ、昼はハンバーガーだけ、又はおにぎり2個だけ・・・の様に炭水化物や消化の良い蛋白質などに偏ることです。この様な食事はカロリーも糖質も減りますが、私の言う腸内飢餓状態ができれば、結果的に依然よりも太りやすくなる可能性があります。

4. ”8時間ダイエット” などを見ていると、『食べない時間』、『夜遅くに食べない』という事に意義があるように思うのですが?

私の身近に ”8時間ダイエット” で?せたという方がいないので、私の単なる推測を含む意見ですが、そのダイエットのポイントは、普段は簡単に朝・昼を済ませている人達が「できるだけ多く食べること」です。炭水化物は少なく、おかず多めの方が勿論いいですが、炭水化物を食べたとしても「満腹ダイエット」と基本的な考え方は同じです。
ですから、極端な話、『8時間』にこだわる必要はなく、10時間でも12時間でもいいのですが、ほどほどに食べて「あ~もうお腹いっぱい」と言う人には余り効果がないのではと推測します。
ある栄養士が、ポイントは「食べない16時間だ」と言っていましたが、それは根本的に間違っています。1日1食で太った人を、私は何人も見ていますし、1日2食の人でも、夜の9時から翌日の12時まで、15時間食べていないのですから。

サイト内検索

■今回の記事はこちら。↓↓ 「寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)」 https://www.futoraba.com/blog/162.html 「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」...

飢餓と相対性で考える、太るメカニズムさんの投稿 2019年10月27日日曜日