トピックス

2019.02.01

腸の飢餓状態でなぜ太るのか?

目次

  1. アフリカの飢餓と現代の飢餓
  2. なぜ飢餓状態で太るのか?
  3. 基本体重が高くなると何が起こるのか?

このブログの核心部分についてお話します。
おそらく、ほとんどの人にとって、私の理論を信じるのは難しいと思いますが、私は自分が経験した事実をありのままに書くだけです。

これは想像で書いたのではなく、実際に起こった事を自分なりに分析して書きました。私は大学に入学した時、30キロ台まで激やせしていたので、自分がなぜ急激に(2~3日で5キロ近く)太ったのか明確に分かったのです。

(「人はなぜ太るのか」ゲーリー・トーベス著 より引用)

”科学の歴史は別の解釈を示している。人々がこの仮説について1世紀以上考え、何十年も真偽を確認しようと試み、それでもなおそれが真実であると納得させるエビデンス(科学的根拠)が生み出せないとすれば、おそらくそれは真実ではない。(~略~)これは科学の歴史において、一見、理屈に合っていると思われる多くの考えのうち、一度も成功しなかったものの1つである。そしてすべてを再考し、どうすれば体重を減らすことができるのかを見つけ出さなくてはならない。”(引用以上)

1.アフリカの飢餓と現代の飢餓

飢餓に対する『蓄え』として体に脂肪を溜め込むという考えは、研究者なら誰でも一度は考えるでしょう。

しかし、この理論は歴史上では研究者から否定された考えだそうです。なぜなら、太っている人はよく食べる人が多いし、アフリカの難民は栄養失調で痩せているからです。ある人は言うかもしれません。

「もし飢餓状態で太るなら、アフリカの難民は太るだろ・・」

しかし、これは食べたくても食べれないという本当の飢餓状態(栄養失調)であり、私の言う「腸の飢餓状態」とは異なることを理解してください。

アフリカの難民は消化のいい食べ物を食べれる訳ではないし、栄養失調になることで、消化する能力まで衰えてしまうのです。

それに対し、先進国の私たちの方が良質な栄養を摂り、消化の良い小麦、肉、卵などで作られた西洋化された食べ物を食べているのです。だから、腸の内面にフォーカスすると、私たちの方が腸内飢餓状態になりやすいと言えるのです。

現実問題として世界の貧困層でも肥満は問題になっており、そこに共通するのは、カロリーや糖質(砂糖)の摂り過ぎではなくて、食べ物のバランスが良くないことです(安価な炭水化物や肉、野菜不足など)。

2. なぜ飢餓状態で太るのか?(植物を例に)

私のブログの中では、腸内飢餓状態が起こることにより基本体重(Base weight)がアップする、 とお伝えしましたが、それが何を意味するのかを説明します。説明上、植物を例にとって説明します。

植物に肥料

(1)食べ物を食べて太るというのは、「肥料を与える」ということです。肥料は私たちの食事に相当し、もちろん、定期的に与えなければなりません。
しかし、たくさん与えたからといって植物が大きくなるわけではないです。むしろ頻繁に与えると逆効果のときもあります。

それは人間でも同じで、多く食べたからと言って、全員が太る訳ではありません。1日1食でもバランス良く食べれば、腸の中にはまだ十分吸収できる栄養はあります。

(2)腸内飢餓を引き起こし、基本体重(B W)がアップすることによって太るというのは、「植物の根が伸びてより多くの栄養を取り込む」ことを意味しています。(下図)

根が伸びる2

植物は栄養がない時に、栄養を求めて地中深くに根を張りますが、我々人間も7~9mあると言われる腸全体(又は小腸)ですべての食べ物を消化し腸内飢餓状態が生じれば、同じような現象が起きます。

(「小腸は第2の脳である」とか「意思がある」と言われますが、私は小腸の意思をはっきりと感じました。) 

実際、腸のヒダ(絨毛)が伸びる訳ではありませんが、吸収できる面積が広がることによって、吸収の絶対的なレベルがアップし()、同じものを食べていても即座に太ります(それは、わずか数日で2キロの場合もあるし、10キロの場合もある)。これこそが、肥満の人と痩せている人の根本的な違いをつくっていると、私は信じます。

小腸はより多くの栄養を吸収するため、そのヒダをすべて広げると、テニスコート1枚分以上ともいわれます。

小腸ヒダ
雑草の根

(写真:「小腸の絨毛」と「雑草の根
※雑草は栄養を与えなくても、大きく育つ。)

太り過ぎ

もちろん水だけで太る訳ではないが、「水を飲んでも太る」という日本の独特な表現は、あながち間違った表現ではない。それくらい吸収率がいいということを表している。

3. 基本体重が高くなると何が起こるのか?

  

(1)一度太ると痩せにくくなります

基本体重がアップして体重が増えるというのは、 「入るエネルギーと出るエネルギー」で言うなら、釣り合うポイントがアップしたということで、痩せるのがより難しくなります。

ダイエットで、一時的に食べる量やカロリーを減らすというのは、植物の例で言う与える「肥料」を減らすということですが、それは一時的な減量であって、また普通の食事に戻れば元の体重まで戻る可能性が高いでしょう。

さらに、ダイエットする度に、リバウンドして以前の体重より増えてしまうというのは、食事を抜いたり少なく食べ空腹を長時間も我慢するダイエットでは、腸内飢餓状態ができやすくなり、基本体重がさらにアップしていく可能性があるのです。

(2)筋肉も同時につく

筋肉質

体脂肪がついた後にそれを支えるために筋肉がつくのではなく、栄養全体の取り込みがアップするので、少なくともある程度の体重までは、ほぼ同時に筋肉もつくと考えます。

太っている人が体脂肪を落とすと、胸板や太ももが厚く非常に筋肉質です。体脂肪がついたのちに、その重さを支えるために胸板や首回りの筋肉が厚くなるでしょうか?(もちろん、これは人によって差異がある。)

(3)原因と結果が逆転する

消化酵素、ホルモンなどもタンパク質(アミノ酸)からできるので、消化する能力や食欲もアップすることが考えられます。だから体の大きい人、胃腸の丈夫な人が他の人より多く食べたからといって、不思議ではありません。
多く食べるから太るのではなく、体が大きくなればなるほどお腹がすく、だから多く食べてしまうという原因と結果の逆転現象が存在します。
【関連記事】→ 太った後に、過食し運動しなくなった

  

(4)太りやすい人はより太りやすく、痩せている人は太るのが難しい

もし全員が同じように食べたとしても、体の大きい人・太っている人のほうが空腹を我慢していることが多く、相対的に少なく食べていることになり、徐々に太りやすくなる傾向があります。

適度に多く食べても太るし、食事を我慢して抜いたりすれば、長期的に、さらに太りやすくなるという悪循環におちいる場合がある。

【関連】→ 相対的に少なく食べている、とはどういうことか?

太る人、太らない人

逆に痩せている人が、毎日3食ある程度のバランスをもって小まめに食べれば、腸内飢餓状態はできず、摂取カロリーに関係なく一生体型が変わらないことの方が多い。よってこの点に関しては、「太りやすい体質」「太らない体質」というのは、肥満遺伝子などではない。

また私のようにすごく痩せている人にとっては、痩せることにより摂り込める蛋白質・栄養素なども減り(私は今でも貧血気味だが)、胃腸を支える筋肉は落ちて胃下垂になったり、消化する能力も衰えてしまう。
結局、痩せた人は痩せたままでいることになり、これが痩せすぎの人にとっての悪循環である。

メルマガ登録

メールアドレス  
※は必須項目です  

サイト内検索