トピックス

2014.10.19

現実は心理と逆の方向に作用を受ける

今回は、心理と”太るメカニズム”の関係について説明したいと思います。

太っている人(太り気味の人)の多くは、”痩せたい、ダイエットしたい” と思うでしょう~。その為に、油料理や揚げ物、ケーキなど高カロリーな食べ物を避けようとします。また食事を抜いたり、軽い食事で済まして、「摂取カロリーを少なくしよう~」又は「運動してカロリーを消費しよう」と努力します。

逆に痩せている人は、"少しでも太りたい" という思いもあるし、一食でも食事を抜いたら "痩せてしまう~" という思いもあり、「少しでもカロリーになるものを食べよう」「量は食べれなくても、食事を抜かずにキッチリ食べよう~」とします。

しかし、なぜ太っている人は、食事を減らしても中々痩せられないのでしょうか?
なぜ痩せている人は、食べても太れないのでしょうか?
それは、お互いのことをしている可能性があります・・・

太っている人が、”痩せたい”という思いでする食事制限運動は、一旦はタンパク質などが分解され痩せるかもしれません。しかしそれは一時的なものであり、長い目で見ると効果は薄いはずです。

ダイエット中の食事制限により、腸の吸収力はさらに高まります。もし食事が炭水化物に偏り、バランスの悪いものであれば、腸内飢餓のメカニズムができやすくなり、私の定義する基本体重の値はアップするでしょう。そして、その後に食べてより太る結果になるかもしれません(リバウンド)。

今まで行われてきたダイエットのほとんどが、このどちらか(食事制限、運動)ではないでしょうか?
つまりダイエットの成功率が低いのは、その人の努力が足りない訳でもなんでもなく、間違ったことをしているから当然です。(もちろん、何も食べずに運動すれば痩せるかもしれませんが、吸収率が上がった時にお腹の中に栄養素がないから、筋肉が分解され、骨からミネラルなどが奪われたりしますので、絶対お勧めしません)


▽又、痩せている人は少しでも食事を抜くと見る見るうちに顔からやせてしまったり、疲れやすくなる。
その為に、それほどお腹がすいてなくても「食べなきゃ・・・」という心理が働きます。
これは生物が生きていく上で当然の心理です・・・

そのため、朝・昼・晩と3度の食事をきっちり摂る人が多いし、量が食べれなくてもカロリーの高い食事をとろうとします。又ためらうことなく、お菓子などの間食をする人も多いです。少しでも太る為に、間食などを積極的に摂るように勧める専門家やwebサイトもあります。

それによって、腸内飢餓は起こらず、太ろうとする(栄養を蓄えようとする)メカニズムは働かなくなってしまうのです。いくら食べても太らないから、結局は「太らない体質だね~」といって済ましてしまうことになるのです。


▷肥満研究者の中には、「いくら食べても太らない人がいるのは何故なのか?」という研究をしている方がおられますが、そもそも”カロリーが太る原因だ”という固定観念から抜け出さないと新たなものは見えてこないのです。

【関連記事】➡「”太る”という言葉の2つの意味」

「”カロリーの摂り過ぎが太る”から視点を変えると」

サイト内検索

■今回の記事はこちら。↓↓ 「寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)」 https://www.futoraba.com/blog/162.html 「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」...

飢餓と相対性で考える、太るメカニズムさんの投稿 2019年10月27日日曜日