トピックス

2015.07.30

なぜ、ダイエット(食事制限と運動)は失敗に終わりやすいのか?

<目次>

<プロローグ>
1.なぜ、リバウンドするのか?
2.痩せるために、本当にすべきことは?

プロローグ

ダイエットというと運動食事制限。でもこの方法ですんなり痩せたっていう人に余りお目にかからないですよね。
▼ブル中野さん(女子プロレスラー)も、ダイエットとリバウンドを繰り返されてたのですが、重度の膝の病気をされたことがきっかけで痩せることが必要となり、最終的に胃の切除手術を受けられたそうです(2015年6月23日「解決ナイナイアンサー」より)。ブル中野さんも「運動と食事制限では痩せない」と言われています。

ブル中野2-2
杉ちゃん2

▼お笑い芸人の杉ちゃんも、ビリーズブートキャンプで7キロダイエット成功した後、すぐに7キロリバウンドされたそうです。

1.なぜ、リバウンドするのか?

運動や食事制限で ”痩せる” ということは、どういうことか説明したいと思います。
一時的にカロリー摂取量を少なくしたり消費カロリーをアップするというのは、たとえ一時的に痩せたとしても、現状維持の基準点(基本体重:Base Weight)が変化していない状態です。

リバウンド

つまり、「痩せる」というよりも、「絞る」という表現が正しい(ボクサーの減量と同じです)。
リバウンドして「太る」というよりも、元の状態に「戻る」と表現した方がいい。

もしこの痩せた状態を保とうと思えば、常に食事と運動に気を配り、生活していかないといけないということですね。
「ダイエットには運動と食事(カロリー)制限が必要なんだ・・・」
「食べたら太るのは当たり前だろ・・・」という人達の理論です。

しかし、痩せている人が、特に努力しているわけではありません。カロリーを気にすることなく好きなものを食べて、運動しなくても痩せている人は痩せているはずです。

【関連記事】➡「一番優先されているのは、現状維持」

2.痩せるために、本当にすべきことは?

では、痩せるためには何をすればいいのか??ということですが、本当にすべきことは、現状維持の基準点である基本体重(Base Weight)それ自体を下げることです。そうすれば、食べても運動しなくても太らないので、基本的にリバウンドもしないと考えます。基本体重(BW)の下げ方については、以下をご覧ください。

【関連記事】➡「正しく痩せるためには2段階のプロセスが必要」

メルマガ登録

メールアドレス 
※は必須項目です 

サイト内検索

■今回の記事はこちら。↓↓ 「寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)」 https://www.futoraba.com/blog/162.html 「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」...

飢餓と相対性で考える、太るメカニズムさんの投稿 2019年10月27日日曜日