トピックス

2015.03.25

偏食と不規則な生活が腸内飢餓をつくる(3要素+1)

<目次>

  1. 腸内飢餓をつくる "3要素” とは?
  2. もう一つの重要な要素『+1』とは?

1.腸内飢餓をつくる ”3要素” とは?

基本体重(Base Weight)をアップさせるのは空腹(腸内飢餓)のメカニズムであるといいましたが、その(腸内)飢餓を作りやすくする『3要素+1』についてお話したいと思います。

【関連記事】
「私の言う、(腸内)飢餓の定義」
「”太る”という言葉の2つの意味」


太る原因としてよく言われるのが、
■偏食すると(栄養が偏る、野菜不足)太りやすい
■糖質(炭水化物)が太りやすい
■夜遅くに食べると太りやすい
■朝食抜きが太りやすい
■生活のリズムが乱れて(不規則な生活で)太った

・・・などですが、どれか1つでは事象は起こりにくく、3つの要素(+1)が重なった時に(腸内)飢餓メカニズムが起こりやすく、太りやすくなると考えました。

その3つの要素とは、以下のものです。
(1)何を食べるか?(炭水化物や消化の良い蛋白質、水分。脂質はあまりない方が太りやすい)
(2)消化力の強さ(胃酸、消化酵素など)
(3)次の食事までの時間

【何を食べるか?】
野菜等の繊維質にも乏しく、消化の良い炭水化物(糖質)とタンパク質に偏った食事が一番太りやすい(脂質はあまりない方が太りやすい)。食べ方にも2通りあり、”ラーメンライス”のように多く食べる場合と、その割合は崩さずに少なく食べる場合(おにぎり1個とパンなど)があります。決して摂取カロリーの総量、糖質量ではなく、食べる量が少なくてもこの場合は関係ありません。

【消化力について】
胃腸が丈夫で消化する能力が高ければ、早く空腹(飢餓状態)が作られます。胃腸が弱かったり、胃下垂であれば飢餓状態はつくりにくいと言えます。

【次の食事までの時間】
夜遅くに食べると太りやすいとか、朝食抜きが太りやすい、あるいは食事を抜いたり不規則な生活で太ったというのは、食事の間隔の問題です。間隔があけば太るわけではなく、偏食などと組み合わさったときに飢餓メカニズムができやすくなります。

2.もう一つの重要な要素「+1」とは?

3要素以外にもう一つ重要な事を『プラス1』としましたが、それは「その前の食事」あるいは「前の前の食事」を簡単なもので済ませているか、否かです。

(朝食:和食の例)

つまり、昼食を簡単に ”ハンバーガーとウーロン茶” にし、夜の8時まで何も食べられなかったとします。

しかし、朝食でしっかりと乳製品や、繊維質の野菜など食べていれば「飢餓メカニズム」が起こりにくくなります。(注:もちろん個人差があります)

(おやつは太る原因ではない)

また小腹が減った時に、間食でカフェオレ・クッキーやチョコレートを食べておくだけでも飢餓メカニズムは防げます。その理由は、小腸が約6~7mと長いために、食べ物が小腸を移動するのに十数時間かかるからです(個人差があります)。

腸内飢餓は腸の全体で判断されているため、この様に、前の食事(前の前の食事)、間食の影響も受けます。
『3食きっちりと食べ、バランス良い食事が太りにくい』と言われていますが、それは上記で説明したことの裏返しです。

メルマガ登録

メールアドレス 
※は必須項目です 

サイト内検索

■今回の記事はこちら。↓↓ 「寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)」 https://www.futoraba.com/blog/162.html 「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」...

飢餓と相対性で考える、太るメカニズムさんの投稿 2019年10月27日日曜日