トピックス

2015.03.25

偏食と不規則な生活が腸内飢餓をつくる(3要素+1)

<目次>

  1. 腸内飢餓を加速する "3要素” とは?
  2. もう一つの重要な要素『+1』とは?

1.腸内飢餓を加速する ”3要素” とは?

基本体重(Base Weight)をアップさせるのは空腹(腸内飢餓)のメカニズムであるといいましたが、その腸内飢餓を作りやすくする『3要素+1』についてお話したいと思います。

【先に以下のブログをお読みください】
「私の言う、(腸内)飢餓の定義」

不規則な生活

日本で、カロリー以外で太る原因としてよく言われるのが・・・

バランスを欠いた食事
・ファーストフード、ジャンクフード
・糖質(炭水化物)の摂り過ぎ
・野菜不足
生活のリズムの乱れ(不規則な生活)
・夕食が夜遅くになる
・朝食抜きの生活
・間食の有無

などですが、どれか1つだけでは腸内飢餓のメカニズムは起こりにくく、3つの要素(+1)が同時に重なった時に、それは起こりやすくなると考えました。

その ”3つの要素” とは、以下のものです。

(1)何を食べるのか?
(2)次の食事までの空腹の時間
(3)その人のもつ消化力の強さ(胃酸、消化酵素など)

【何を食べるのか?】
野菜等の繊維質に乏しく、炭水化物(デンプン)とタンパク質(少量でも可)に偏った食事が一番太りやすい。食事中の脂質を少なくすると、逆に太りやすくなる場合がある(※その理由は単純に、脂質が消化が良くないからである)。
決して食べる「量」ではなく、少なく食べていても、食べた物の「質やバランス」により太ることがある。

それに対し、野菜、海藻などの食物繊維や、低G.I.食品、乳製品、脂質(オイル)は腸内飢餓を起こりにくくする。
また、食べるスピード、噛む回数、食事中の水分摂取などもこの項目に影響を与える。

【次の食事までの時間】
夜遅くに食べたり朝食を抜くこと、あるいは不規則な生活が原因で太ったというのは、食事の間隔の問題です。つまり空腹を長時間にわたり我慢していることです。

夜遅い食事が必ず太るわけではありません。もし食事が夜遅くになるのであれば、間食(チョコ、牛乳、クッキーなど)して小腹に入れておくことで、腸内飢餓は防ぐことができます。

【消化力について】
胃腸が丈夫で消化する能力が高い人は、消化の遅い人に比べて、早く腸内飢餓をつくりやすくなります。腸内飢餓は、食べた量とは関係なく、腸全体での消化の進行具合で判断しているからです。
これには個人差があり、神経質であったり、胃下垂であったり、胃腸が弱い人は、腸内飢餓状態をつくることすら難しい場合がある。

もし肥満に遺伝的な要因があるとしたら、私は「消化力の違い」を、まず第一にあげるだろう。そしてそれは人種間や家族間で異なるかも知れない(もちろん消化力は後天的にも変わる)。

2.もう一つの重要な要素「+1」とは?

3要素以外にもう一つ重要な事を『プラス1』としましたが、それは今食べた食事の「前の食事」さらに「その前の食事」をバランスの悪い食事や簡単な食事で済ませているか、否かです。

(朝食:和食の例)

つまり、昼食を簡単に 「ハンバーガーとコーヒー」で済ませ、そして夜の9時まで一切何も食べられなかったとします。
しかし、朝食でしっかりと乳製品、サラダ、海藻、豆、バターなど食べていれば飢餓メカニズムが起こりにくくなります。(注:もちろん個人差があります)

小腸

その理由は、腸が約6~7mと長いために、食べ物が腸を移動するのに十数時間かかるからです(個人差があります)。

腸内飢餓は腸の全体(あるいは小腸のみ)で判断されているため、この様に、前の食事(さらに前の食事)、間食の影響も受けます。
『3食きっちりと食べ、バランス良い食事が太りにくい』と言われていますが、それは上記で説明したことの裏返しでもあると言えるでしょう。

メルマガ登録

メールアドレス  
※は必須項目です  

サイト内検索