トピックス

2016.06.03

豊かだから太るのか、貧困が太るのか?

目次

  1. "豊かさ" が肥満の原因と言われるが・・・
  2. 貧困なのに肥満が多かった事例
  3. 豊かになったと言っても、『食べ物の質』はどうだろう?
  4. 低栄養(痩せ)と肥満 の共存はありうる

私のブログの内容とも関連する、面白い話があったので紹介します。

1."豊かさ" が肥満の原因と言われるが・・・

「人はなぜ太るのか?」【ゲーリー・トーベス著】より引用

1990年代半ば
米国疾病予防管理センターの研究者が、米国において肥満が流行しているというニュースを発表して以来、専門家達は過食と座りっぱなしの行為が肥満の要因であると非難し、これら2つを比較的豊かな現代社会のせいにした。

<2003年>
ニューヨーク大学の栄養学者マリオン・ネッスルは、雑誌サイエンス(Science)において「改善された豊かさ」が食べ物と娯楽産業に支えられ、肥満の流行を引き起こしたと説明した。
エール大学の心理学者ケリー・ブラウネルは、バーガーやスナック菓子、子供を運動不足にするテレビやゲームなどに囲まれた生活を「毒性環境」という言葉で説明した。

▽世界保健機関(WHO)は、世界的な肥満の流行を説明するために全く同じ理論を使い、収入の増加、都市化、「体を動かすことの少ない仕事への移行、受け身な娯楽の追及」が原因であると非難した。(引用以上)

現在も基本的にこの考えが世界中で支持され、高カロリーな食べ物や運動不足が肥満の原因であると、大半の専門家は説明します。

2.貧困なのに肥満が多かった事例

(再び、著書より引用)
1970年代の初期まで、栄養学者と研究熱心な医師達の間では、肥満は「栄養失調」の問題で、今日のような「栄養過多」の問題とは考えられていなかった。

■1901年~1905年
2人の人類学者がアメリカアリゾナ州に住むピマ族を調査し、ピマ族の特に女性に肥満が多いことを述べた。
ピマ族はかつては働き者の農民、狩猟者であり最も豊かな先住民であったが、1870年までには最も貧しい民族の1つとなり、「飢餓の時代」を生きるようになった。毎日の暮らしは政府の配給に頼っていたが、女性は怠惰であったわけではなく、村でほとんどすべての重労働を行っていた。

■四半世紀(25年)後
シカゴ大学の2人の研究者が米国先住民のスー族を調査した。
彼らは想像を絶する貧困であったが、成人女性の40%、男性の25%以上、子供の10%が肥満とされ、現在の私達の肥満率と大きな差がなかった。彼らは「おもにパンとコーヒー」で生活していた。

■1950年~1980
西インド諸島、南アフリカ、チリ、ガーナなど世界各地で貧困で低栄養なのに肥満率の高い集団が見つかった。

■1960年代初期
最近の例では、ニューヨーク(マンハッタン中心部)の住民を調査した結果、肥満女性は富裕層より貧困層で倍多く、肥満男性は倍多かった。

■2005年
医学雑誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載されたベンジャミン・カバレロの論文

「栄養の矛盾ー発展途上国における低体重と肥満」について

「低栄養(痩せ)と肥満の共存は公衆衛生上の計画に対する挑戦を突き付けている。それは低栄養(痩せすぎ)を減らす計画の目的が、明らかに肥満予防の計画と相反するからである」と説明した。簡単に言えば、肥満を防ごうと思えば、人々が食べる量を減らさなくてはならないが、低栄養を防ごうと考えれば、食物の供給を増やさなくてはならないということだ。私たちはどうすればいいのか?(引用以上)

3.豊かになったと言っても、『食べ物の質』はどうだろう?

デスクワークと炭水化物

▽1~2を踏まえて、私なりの考えを述べたいと思います。

まず肥満を考える上で、”豊かになったから肥満が増えた”と考えるのは安直ではないでしょうか?確かに私達の生活は自由で、物にあふれているという点では "豊か" である。ある程度の収入があれば、自由に活動し、好きなものを買い、好きな物を食べることができます。仕事もデスクワークが増え、それほど動かなくても良い。
しかし、少ない給与の中でやり繰りしていると、食費にばかりかけれる訳でもなく、もちろん忙しければ時間もなく、朝はトーストとコーヒ、昼はおにぎりやカップ麺などと炭水化物に偏ることもあります。朝食または昼食を抜くこともあります。

夕食で補完

腸の内面から見れば、繊維質の野菜が不足したり飢餓状態をつくりやすい状態と言えるかもしれません。特に逆三角形型の食事(図参照)では、夕食は比較的豪華であっても、朝~夕にかけては質素で飢餓状態が生まれ易くなります。
さらに太りやすいという人に限って、『昨日は食べ過ぎたから、今日は少なくしよう』という様に、食事を抜いたり、簡単なもので済まそうとする。昨日の過剰なカロリーを今日で相殺しようとする考え方も間違っていると言えるでしょう。

つまり総カロリーではなく、腸の内面(飢餓状態)として見ると、『豊か』と言われる我々の社会も、貧困で肥満が多かった集落と共通する部分があるのではないでしょうか?

(再び、著書より引用)
1900年頃のピマ族の食事は、その1世紀後に私達が食べているものと非常に似ていたが、それは量的にではなく、質的にであった(量は配給で決して多くはなかった)。こうした状況から肥満を引き起こした犯人は、食物の種類(量ではなくて)であったのかもしれない。(引用以上)

【関連記事】➡「少ししか食べてないのに太る、とはどういうことか?」

4.低栄養(痩せ)と肥満 の共存はありうる

前述の「低栄養(痩せすぎ)と肥満の共存は公衆衛生上の計画に対する挑戦を突き付けており・・・」との内容に関して、低栄養(痩せ)と肥満は共存する(同時に起こる)場合があるということを説明します。

▽私が30キロ台に激ヤセした時、初めは高カロリーのものをたくさん食べていたけど全く太ることができず、ある時『腸の飢餓状態』をつくれば太れるということに気が付いたんです。一番飢餓状態を作りやすくするのが、消化の良いデンプン(炭水化物)と少量の赤身の肉(タンパク質)でしたが、ビタミンやカルシウム・ミネラルなどが不足(低栄養)するので毎日体がだるくてフラフラになっていました。

もし栄養やミネラルを摂ろうとして、牛乳や卵や野菜・肉・魚など栄養豊富な食品を摂ると一時的に栄養の状態は回復しましたが、それと同時に太ることもなくなりました(普通の人なら消化できるものも、私は胃腸が弱く消化できなかったから)。

前述の(貧困層での)事例に話を戻すと、同じグループで同じ物を食べたとしても、体の中においては異なる結果になる場合があります。

腸の中ですべて(ほぼ完全に)消化した人は太り、少しづつ肥満になるかもしれませんが、すべて消化できなかった人は低栄養で痩せたままです。ほんの少しの消化されない食べ物が残るだけで、腸内飢餓は起きないのです。小さな違いが時に大きな結果の違いを生みます。

また現代の社会に当てはめると、この現象は、私達の社会で起こっていることと同じ現象ではないでしょうか?
カロリー摂取量にかかわらず、ある人は太っていますが、またある人は痩せています。肥満や過体重は過食の結果ではないのです。

(再び、著書より引用)
炭水化物を食べたからと言って全員が太る訳ではないが、太る人にとってその原因は "炭水化物" である。

炭水化物

(~略~)これらは入手可能な食べ物のうち最も安価なカロリー源でもある。これは貧困な人ほど肥満になる可能性が高い理由をはっきりと説明している。これらの集団の人達は、食べ過ぎや動かないことにより肥満になるのではなく、彼らが依存している食べ物(食事の大部分を構成するデンプン精製された穀物)が彼らを太らせるのである。(引用以上)

サイト内検索

■今回の記事はこちら。↓↓ 「寝たきりなのに、食べても痩せるのは?(病院・介護編)」 https://www.futoraba.com/blog/162.html 「ほとんど動いいていないからカロリー消費は少ないはずなんですけど・・・」...

飢餓と相対性で考える、太るメカニズムさんの投稿 2019年10月27日日曜日