トピックス

2016.11.22

食事、運動、体重の関係性を間違えている

<目次>

<はじめに>
  1. “食事と運動”の関係は、専門家にとっては良い言い訳となる
  2. エネルギーを出せば、また戻ってくる
  3. 『食事が優先している』とは、どういうこと?
<まとめ>

はじめに

スポーツをしている人には痩せている人が多いという事実、また現役を引退した後に太ったスポーツ選手などを見ていると運動=痩せる』という公式ができそうです。

大抵の専門家はこういう見方ですが、運動と体重の関係性は、これほど単純ではないはずです。

自転車レース

ただし、私の言う、次の3つを踏まえれば、『食事、運動、体重』の関係性を説明しやすくなります。

(1)人それぞれに現状維持的な機能があること
(2)『太る』という言葉には2つの意味があること
(3)現状維持のレベル(基本体重) がアップするのは腸の飢餓メカニズムであること。

1.食事と運動の関係は、専門家にとっては良い言い訳けとなる

診察

まず運動しても痩せなかった人達に対して、医師など専門家は「結局、どこかで食べているのでしょう~」と言うだろうし、カロリー制限しても痩せない人(少なく食べても太ってしまう人)に対しては、「運動不足じゃないですか?・・・」と言いますよね。

つまり、食事と運動は「入るカロリー/出るカロリー」の関係として考えられていたために、専門家のいろんな口実として利用され、その関係性は深く考えようとすらされてこなかったのではないでしょうか?

2.エネルギーを出せば、また戻ってくる

繰り返しになりますが、「食べれば必ず太る/運動をすれば痩せれる」 と考える人は、図-1のように見ています。

摂取と消費が対立する関係で、その大小関係により太るんだ(又は痩せるんだ)と考えます。

<図-1>

しかし、実際は 図-2のようになるはずです。
私たちが食べる物と体内で使われるエネルギーは、吸収により媒介される為、エネルギー消費が増えれば、吸収量はアップし、そして食欲がさらに沸きます。

逆に、何もせずに休んでいる時に、食べる量や回数を増やせば、吸収量は低下します。

<図-2>

運動をすれば確かにより多くのエネルギーが消費されますが、体の消費されたものを取り戻そうとする逆の力が働きます。

つまり、運動は基本的に体に活力を与え、エネルギーの循環を取り戻し、エネルギーを蓄えようとするので、体の「強さ」を得る(最終的には、太る)方向へ作用する力です(特に無酸素運動などの筋肉への抵抗運動)。

食事風景

ただし、太るかどうかは『食事』の摂り方で決まります。
常に『食事』が優先しています。

「毎日運動をしている人は、摂取カロリーに関係なく、いくら食べても太らない」という錯覚が生じるのもこの為です。

3.『食事が優先している』とは、どういうこと?

簡単に説明すると、運動することが、体にエネルギーを蓄えようとするパワーであっても、何らかの消化されない食べ物が常に腸内に残る状態では、結果として腸内飢餓が起こらず、基本体重がアップしないということです。

より詳しく説明するために、パターン別に見ていきたいと思います。

(1)運動していて痩せている

まず、ブリファ氏(「痩せたければ脂肪をとりなさい」著者)が言われるように、「もともと痩せている人がマラソンやサッカーを始め、最終的にはアスリートとなっていくのではないか・・・」 と考えた方がひねくれた見方かもしれませんが正しいのではないでしょうか。

その人達は自分が食べても太らないことを知っています。そして、アスリートの多くは栄養バランスのとれた3度の食事と、その他にも栄養補助食品やお菓子なども食べます。

和朝食

それは我々が運動をしようとする時、「栄養を摂らないといけない」「しっかり食べないといけない」という心理が働くからです。

つまり、元々痩せている人がサッカーやマラソンなどのスポーツを始め、3食バランスよく食べてきたからこそ、同じ体重を長年にわたり維持できるのです。(腸の飢餓メカニズムが起こらず、基本体重がアップしないという意味。)

引き締まった体

もちろん、筋肉は鍛えられるからスリムで筋肉がつき、引き締まったボディーになる。

この人達の勘違いは、「自分たちは消費しているからいくら食べても太らない」あるいは「代謝がいいから食べても太らないんだ」と思っていることです。

もちろん ”消費している” というのは間違いではないけど、それよりも、しっかりとバランス良く食べることに実は意味があるのです。

(2)運動しなくなって太る

逆に、現役を引退してから太ったというスポーツ選手や、仕事はデスクワークで、最近は運動もしていないから太った、という方がいます。しかし運動をしないことよりも、食事を抜いたり・軽く済ましたり、炭水化物に偏った食事になること、又は食事の時間が不規則になることの方が問題です。これは、腸の飢餓メカニズムが生まれやすくなるからです。

今日は一日何もしなくてもいい時や、軽作業をしている時、我々は、心理的に「食事を軽くしよう~」とする傾向が働くでしょう。

ひょっとしたら、朝食も食べないで出社するかもしれないし、ランチもラーメンやバーガーのような簡単なもので済ませるかもしれない。

この場合、運動時にくらべて、体の栄養を取り込もうとする力は弱まりますが、逆に腸内飢餓状態はできやすく、長い目で見ると太っていきやすいと言えます。

「若いころは食べても太らなかったのに、最近は運動していないから太っちゃって・・・」という方がいますが、それは逆に言うと、若い頃はしっかり3回バランスよく食べていたから太りにくかったけど、今は簡単な食事(炭水化物に偏った食事)で済まし、空腹を我慢しているから太ってきたとも言えるのです。

▽私の大学時代の同級生は、高校の柔道部時代、太ろうとして高カロリーの揚げ物や肉料理を(もちろんご飯も)たくさん食べていたけど、太れずガリガリだったそうです。

しかし、大学受験の浪人時代に1年で10キロ以上太ったそうです(柔道部時代の方がたくさん食べていた)。

本人は「動いてないから」と言ってましたが、それよりも私は彼の食事の変化が気になりました。

詳しく彼に話を聞くと、おにぎり・菓子パン・カップ麺など、簡単でさっと食べれる食事が、1日の食事の半分以上をしめることが多かったそうです。

軽い食事

(軽い食事)

(3)運動して太る

格闘家やお相撲さんはもちろん運動していますが、競技の性格上、体重をアップすることが必要になります。しかし格闘家の中には、体重を増やし筋力をつけるために、3度の食事の他にプロテインなどを摂取しても、中々筋力や体重が増えない人もいるという話はよく聞きます。
しかしそれに反して、太りたくないという人達がいとも簡単に太ってしまうのは、何度も言うように、太る(基本体重がアップする)ためには腸の飢餓メカニズムが必要だからです。

バーベルなどを使う強度の高い筋力運動では、有酸素運動よりも、体の強さ」を得る(最終的に太る)方向へさらに強く働きますがカロリーや栄養をもっと摂ろうとして4~5時間おきに高カロリーな食事やプロテインなどを摂取すると、未消化物が腸の中に残りやすくなり、結果的に基本体重がアップするのを妨げます。

体重のアップの為に理にかなった力士の食事

お相撲さんは、体が大きく太っているので有名ですが、彼らの食事は伝統的に1日2回で、しかも消化の良いチャンコ(鍋で肉や野菜を煮込んだ料理)とご飯をたくさん食べます。

そのため、彼らの食べた物は消化されやすくなり、基本体重がアップしやすくなります。

この場合、運動による 『太ろうとする力』と『飢餓メカニズム』を同じ方向に向けていると言えます。つまり筋力・体重をアップさせるには、理にかなった方法であると言えます。

【関連記事】

「お相撲さんが太るのも、飢餓メカニズムと言える」

まとめ

(1)食事と運動の関係性は、単純にエネルギーが「入る/ 出る」の関係ではない。運動は、体の失われたエネルギーを取り戻そうとする逆の反応が作用するため、基本的に「強さ」を得る(最終的には太る)方向へ働く(特に強度の高い抵抗運動)。

(2)しかし優先順位は常に「食事」の摂り方にある。バランスよく3度の食事を摂ること(野菜、脂質)で、未消化物が腸内に残りやすくなり、基本体重はアップしにくくなる。

(3)人は何も運動をしない時又は軽い作業時に、食事を抜いたり、または簡単な食事で済ます傾向がある。その場合、体の太ろうとする力は運動時に比べ弱いが、逆に空腹でいる時間が長くなり、腸内飢餓が起こりやすくなる。結果として基本体重がアップしやすくなる。

メルマガ登録

メールアドレス  
※は必須項目です  

サイト内検索